imgberner
Jw_cad (JWW) ではじめてCAD作図するかたに Jw_cad (JWW)の基本操作と設定、 Jw_cad (JWW)の画面構成、Jw_cad (JWW)の設定・作図・修正・印刷などの Jw_cad (JWW)の基本操作を説明、Jw_cad (JWW)の基本操作を習得するCAD作図入門の手助けをします。

language choice

Jw_cad (JWW)の編集には、図形の移動に複写、部分的な範囲の切取り選択の複写、移動、範囲外選択による消去、作図後の図形の連続複写、線種、線色による移動、複写、消去の一括処理など、CAD作図後の編集を手軽する豊富な機能が備わっています。

Jw_cad 複写・移動・消去

移 動

移動は、メニューバー ⇒ 「編集(E)」 ⇒ 「図形移動(I)」、または、「作図(1)」ツールバーの「移動」を選択、クロックメニューは、左ドラッグAM7時、または、右ドラッグAM7時選択になります。

クロックメニュー、AM7時選択時、コントロールバーは「複写」チェック選択になり、移動コマンド実行なら、コントロールバーの「複写」のチェック選択を外します。

移動コマンドを実行するとコントロールバーが表示され、前範囲、全選択、選択解除のコマンドを表示。

前範囲は前回選択した範囲、全選択は作図された図形全て、選択解除は範囲選択のキャンセル。

ステータスバーは、「範囲選択の始点をマウス(L)で、連続線をマウス(R)で指示してください。」と表示。

移動コマンド実行時には、図形範囲を選択、線は(L) ⇒ (L)、作図部分に文字を含むときは(L) ⇒ (R)で指示、選択後は図形表示が選択色に変わります。

移動コントロールバー

移動コントロールバー

作図例:移 動

移動範囲を選択。

図では、線、円、曲線及び文字が含まれる為、(L)⇒ (R)で選択。

移動範囲を選択

移動範囲選択

コントロールバーも「基準点変更」、「追加範囲」、「除外範囲」、「選択解除」、「属性選択」、「選択確定」に変化。

移動・選択コントロールバー

図形を範囲選択、選択確定をクりックしたのちコントロールバーが変わり、複写、作図属性、基準点変更、方向、図形の倍率、数値入力、図形の回転、反転、マウス倍率などの移動ができます。

コントロールバーの、複写を選択すると、移動ではなく、複写コマンドを実行。

基準点変更は、図形連結時に基準点を決めておくと編集がやりやすい。

作図属性は、書込みレイヤ、書込みレイヤグル-プの指定、書込み線色、線種の指定、図形拡大縮小時の文字、点マ-カ-、倍率、角度継続の指定があります。

移動コントロールバー

方向は、任意、X軸、Y軸、XY軸で、横移動ならX軸、縦移動ならY軸、自由方向なら任意(Free)を指示。

方向ボタンは、(L)或るい(R)でX軸 ⇒ Y軸 ⇒ XY軸 ⇒ 任意 ⇒ X軸 ⇒ を繰り返す。

X軸、Y軸、XY軸移動

作図例:回転移動

角度ボタンを指定した移動は、基準点を指示、角度欄に指定角度を書込み、図形を回転移動。

回転移動

回転移動

作図例:反転移動

反転ボタンは、基準線を(L)指示で図形を反転移動します。(図③)

反転移動

反転移動

倍率ボタンを指定した移動は、基準点を指示、倍率欄に図形倍率を書込み拡大縮小。

連続ボタンで同図形の連続移動が(L)、(R)で指示できます。

※(L)左クリック・・・free(任意点)、(R)右クリック・・・Reed(読取り点)

スポンサ-ド リンク

複写

複写は、メニューバー ⇒ 「編集(E)」 ⇒ 「図形複写(Z)」、「作図(1)」ツールバーの「複写」を選択、クロックメニューは、左ドラッグAM7時、または、右ドラッグAM7時選択。

コントロールバーの切取り選択は作図の部分的な範囲を、範囲外選択は選択図形以外を複写。

コントロールバーの、複写の選択を外すと、複写ではなく、移動コマンドを実行。

ステータスバーは、「範囲選択の始点をマウス(L)で、連続線をマウス(R)で指示してください。」と表示。

複写コマンド実行時には図形範囲を選択、線は(L) ⇒ (L)、文字を含むときは(L) ⇒ (R)で指示。

複写コントロールバー

複写コントロールバー

範囲選択後は、移動操作と同じ。

ステータスバーは、「複写先の点を支持してください (L)free (R)Reed X=・・・・、Y=・・・・ 」と表示。

※(L)左クリック・・・free(任意点)、(R)右クリック・・・Reed(読取り点)

作図例:複写・反転コマンドを使用した図形の作図

左右対称図形なら複写・反転が作図時間の短縮になりスピードアップが図れます。

複写コマンドを実行、任意点aを(L)指示 ⇒ 任意点bを(L)指示 ⇒ 選択確定を(L)指示 ⇒ コントロールバーの反転ボタンをを(L)指示 ⇒ 反転の基準線を線AA’を(L)指示。

複写・反転コマンドを使用した図形の作図

複写・反転

複写・回転角コマンドを使用した図形の作図

図の様な同図形が連続するなら、連続複写で作図効率のスピードアップができます。

作図例は、円周1/8点(線角度45゜毎)の仮点で補助線を引いています。

図Aを作図した後、円周1/8点に連続複写します。(図①)

メニューバー ⇒ 「編集(E)」 ⇒ 「図形複写(Z)」、または「作図(1)」ツールバーの「複写」を選択、クロックメニューは、左ドラッグ、右ドラッグでAM7時。

複写開始位置のa点を(L)  ⇒  図形複写範囲の終点bを(L)指示。(図②)

コントロールバーの基準点変更を(L)  ⇒  基準点を円の中心点mを(R)指示  ⇒  コントロールバーの回転角に45゜を記入(或いは、プルダウンメニューで選択)。(図③)

 ⇒  円の中心点mを(R)  ⇒  コントロールバーの連続を複写分(L)指示。(図④)

c部を拡大して、面取処理。(図⑤)

メニューバー ⇒ 「編集(E)」 ⇒ 「面取(M)」、または「作図(1)」ツールバーの「面取」を選択。

コントロールバーの丸面をクリック選択  ⇒ 寸法欄に寸法を記入(或いは、プルダウンメニューで選択)。(図⑤)

面取処理するヶ所k1、k2点を(L)指示。(図⑥、⑦)

複写回数分、面取処理。(図⑧)

同じ図形の連続なら連続複写でスピードアップ。

複写・回転角コマンドを使用した図形の作図

複写・回転角

消去

消去は、メニューバー ⇒ 「編集(E)」 ⇒ 「消去(D)」、「編集(1)」ツールバーの「消去」を選択、クロックメニューでは、左ドラッグでAM10時の方向〈右ドラッグでAM10時の方向)へマウス移動。

コントロールバーは「一括処理」、「選択順切替」、「範囲選択消去」、「連続範囲選択消去」、「節間消し」、「切断間隔」、「実寸」を表示。

範囲指定は、線は開始位置を(L) ⇒ 終了位置を(L)、文字を含むときは開始位置を(L) ⇒ 終了位置を(R)で指示。

消去コントロールバー

コントロールバー

作図例:消去 一括処理

直線のみは、一括処理を選択(図①)

消去範囲の開始位置を(L)で指示、【線A】

消去範囲の終了位置を(L)で指示、【線B】

消去する線の範囲を指示【線C~D】

処理実行を(L)で指示

ステータスバーは、<一括部分消し:消し始めの基準線をを指示してください(L)><一括消去:始線指示>⇒《一括部分消し》消し終わりの基準線をを指示してください(R)〈同一線指示で切断〉

消去 一括処理

一括処理

作図例:選択順切替

線、円と文字の消去順の切替え、「線等 優先選択消去」 ⇒ 「【文字】 優先選択消去」

範囲選択消去

切取り選択は、部分的なを範囲を(L)、(R)指示で消去、範囲外選択は、選択以外の図形を(L)、(R)指示で消去

前範囲は前回選択した箇所の消去で、全選択は書込みレイヤすべての消去

「範囲(1)」メニューで消去

「範囲(1)」メニューの「指定属性選択」「指定属性除外」で詳細な選択が可能

「範囲(1)」メニューで開始位置を(L)、終了位置を(R)で範囲指定 ⇒ 「属性選択」ボタンで属性選択メニューを表示 ⇒ 指示する属性を選択 ⇒ 「指定属性選択」及び「指定属性除外」のいずれかをチェック ⇒ 「消去」メニューを選択。

※(L)左クリック・・・free(任意点)、(R)右クリック・・・Reed(読取り点)