imgberner
Jw_cad は、無料のCADソフト、服飾、看板、車、電気製品の製造にも使用できるCAD作図ソフト、Jw_cad はじめてのひとでもCAD作図できる充実した機能を搭載した汎用2DCAD、Jw_cad 作図後の編集操作を手助けします。

language choice

Jw_cad は無料で使用できる汎用2DCAD、はじめてのひとでもCAD作図できるサンプルデーターも付属、多様な機能を搭載した Jw_cad 、作図後の編集に覚えておきたい画像挿入、属性操作の手助けをします。

Jw_cad 画像挿入・属性

画像挿入

画像挿入は、メニューバー ⇒ 「編集(E)」 ⇒ 「画像編集(G)」 ⇒ 「画像挿入」を選択。

メニューバーでは、 ⇒ 「作図(D)」 ⇒ 「文字(A)」 ⇒ 「文読」 ⇒ 「ファイルを開く」 ⇒ 「.bmp形式のファイルを開く」、また、「作図(1)」ツールバーでは、「文字」 ⇒ 「文読」 ⇒ 「ファイルを開く」 ⇒ 「.bmp形式のファイルを開く」を選択。

クロックメニューでは、左ドラッグでAM0時の方向へマウス移動 ⇒ 文字コントロ-ルバーで上記同様。(図①)

Jw_cad の画像挿入は、インストール時には、bmp形式の画像しか読込みできません、jpg形式の画像を読込には、bmp形式に変換するか、Susieプラグインの ifjpeg.spi を Jw_cad 本体(Jw_win.exe)と同じフォルダ内に置くことで表示、読込みができるようになります。

画像変換ソフトを持ってない方は、ベクター(Vector)、窓の杜などで、手軽なフリーウェアを入手してください。

文字コントロールバー

文字コントロールバー

bmpファイル読込

文読込み

bmp画像の貼付け

文字の編集読込みで表示される矢印部分の文字は、 ¥xxxxxx.bmp,100,44.0541 は、¥xxxxxx.bmp:画像ファイル名、100:画像の横ピクセル数、縦ピクセル数。(図②)。

画像の複写、移動には、この文字を選択しなければ複写、移動はできず、拡大縮小では、画像の横ピクセル数を増減するだけで拡大縮小は可能です。

bmp画像の貼付け

bmp画像の貼付け

画像編集

画像編集コマンドを選択すると、画像編集コントロールバーが表示され、「画像挿入」、「画像フィット(回転する)」、「トリミング」、「トリミング解除」、「移動」、「画像同梱」、「画像分離」、「相対パス」の項目が表示されます。

スポンサ-ド リンク

「画像挿入」

画像を保存したフォルダから、bmp画像、または、jpg画像の読込み貼付け。

作図例:画像フィット(回転なし)

指示する枠内に、画像の拡大縮小が行う、画像フィットは、横ピクセル数を増減するだけで、縦ピクセル数の増減は横ピクセル数に比例します。

縦ピクセル数の変更は、Jw_cad ではできません。

画像挿入で画像貼付けをします、画像フィット(回転する)のチェックを外します。(選択しません。)

1.フィットさせる画像の範囲の始点、A点を(R)で指示。(図④-1、1.)

2.フィットさせる画像の範囲の終点、B点を(R)で指示。(図④-1、1.)

3.選択画像をフィットさせる範囲の始点、A点を(R)で指示。(図④-1、2.)

4.選択画像をフィットさせる範囲の終点、C点を(L)で指示。(図④-1、2.)

画像が拡大しました。(図④-1、3.)

画像縮小には、4.選択画像をフィットさせる範囲の終点を画像範囲内を指示、例ではD点を(L)指示しています。

参照:ステータスバーには、以下の様に表示されます。

フィットさせる画像の範囲の始点を指示してください。(L)free (R)Reed:A点を(R)で指示。

フィットさせる画像の範囲の終点を指示してください。(L)free (R)Reed:B点を(R)で指示。

選択画像をフィットさせる範囲の始点を指示してください。(L)free (R)Reed:A点を(R)で指示。

選択画像をフィットさせる範囲の終点を指示してください。(L)free (R)Reed:C点を(L)で指示。

※(L)左クリック・・・free(任意点)、(R)右クリック・・・Reed(読取り点)

画像フィット(回転なし)

画像フィット(回転なし)

「画像フィット(回転する)」

作図例:画像フィット(回転する)

画像挿入で画像貼付けをします、画像フィット(回転する)のチェックします。(選択します。)

1.フィットさせる画像の範囲の始点、A点を(R)で指示。(図④-2、1.)

2.フィットさせる画像の範囲の終点、B点を(R)で指示。(図④-2、2.)

3.選択画像をフィットさせる範囲の始点、A点を(R)で指示。(図④-2、3.)

4.選択画像をフィットさせる範囲の終点、C点を(L)で指示。(図④-2、3.)

画像の横ピクセルが縦ピクセルになり、縮小されて、画像は90゜回転しました。(※作図例は回転図を貼付けていません。)

参照:ステータスバーには、以下の様に表示されます。

フィットさせる画像の範囲の始点を指示してください。(L)free (R)Reed:A点を(R)で指示。

フィットさせる画像の範囲の終点を指示してください。(L)free (R)Reed:B点を(R)で指示。

選択画像をフィットさせる範囲の始点を指示してください。(L)free (R)Reed:A点を(R)で指示。

選択画像をフィットさせる範囲の終点を指示してください。(L)free (R)Reed:C点を(L)で指示。

画像フィット(回転する)

画像フィット((回転する)

画像フィット 回転角度

フィットさせる画像の回転角度は、指示する位置によって違います。

参考例-1:(図④-3)

A、B、C、Dの4点の内

フィットさせる画像の範囲の始点をA点、フィットさせる画像の範囲の終点をB点。

選択画像をフィットさせる範囲の始点をA点、選択画像をフィットさせる範囲の終点をD点に指示した場合。

反時計回りに縮小されて、∠BAD、90゜回転。

参考例-2:(図④-3)

A、B、C、Dの4点の内

フィットさせる画像の範囲の始点をA点、フィットさせる画像の範囲の終点をB点。

選択画像をフィットさせる範囲の始点をA点、選択画像をフィットさせる範囲の終点をC点とした場合。

反時計回りに、∠BAC

画像フィット 回転角度

画像フィット((回転する)

参考例-3:(図④-3)

フィットさせる画像の範囲の始点をA点、フィットさせる画像の範囲の終点をD点。

選択画像をフィットさせる範囲の始点をD点、選択画像をフィットさせる範囲の終点をA点に指示した場合。

ADが反転軸で、A点を基準に反時計回りに180゜回転。

参考例-4:(図④-3)

フィットさせる画像の範囲の始点をB点、フィットさせる画像の範囲の終点をC点。

選択画像をフィットさせる範囲の始点をC点、選択画像をフィットさせる範囲の終点をB点に指示した場合。

BCが反転軸で、B点を基準に時計回りに180゜回転。。

参考例-5:(図④-3)

フィットさせる画像の範囲の始点をD点、フィットさせる画像の範囲の終点をC点。

選択画像をフィットさせる範囲の始点をC点、選択画像をフィットさせる範囲の終点をD点に指示した場合。

CDが反転軸で、C点を基準に反時計回りに180゜回転。

画像フィットの仕方は、いろいろあるようですが、移動コマンドを利用すれば、移動方向、倍率、回転角、反転など手軽になります。

画像 トリミング

トリミングをチェック選択します。

切抜きする始点を指示。(L)(R)何れかで指示:作図例ではA点を(R)指示。

切抜きする終点を指示。(L)(R)何れかで指示:作図例ではE点を(L)指示。

指示されたヶ所が切抜きされました。(図④-4)

画像 トリミング

画像 トリミング

トリミング解除

画像を元に戻すには、トリミング解除をチェック選択、トリミングをした画像を(L)選択すれば元画像に戻ります。

移動

移動は、任意方向での移動、(L)(R)何れかで指示。

画像同梱(どうこん)

貼付けた画像をJWWファイルに含めて保存、画像を貼付けたら忘れずに・・、画像ファイルを探さなくて済んじゃいますから・・。

同梱画像分離

貼付けた画像をJWWファイルから分離、分離された画像はJWW本体直下の新規フォルダに保存される。 ⇒ 20150526-042950-015 のようなフォルダに・・

相対パス

画像挿入時、同梱画像分離時の画像ファイル名を相対パスで指示。

相対パスをチェック選択、画像挿入、同梱画像分離を実行すると、画像ファイル名の指定が相対パスになり、チェック選択しないと絶対パスとなる。

相対パス、絶対パスとは

上下の層に分類されたファイル構造で、ディレクトリ、ファイルの位置を指定する記述方法に相対パス、絶対パスがある。

相対パス:インスト-ルされたアプリケーション本体の現在位置からファイル構造の全て明示する記述方法。

Jw_win.exe がアプリケーション本体なら、ファイルの位置は ./sample/sample.jpg と比較的簡素な記述方法。

絶対パス:システム本体の最上位に位置するルートディレクトリからファイル構造の全て明示する記述方法。

./jww/sample/sample.jpg では、システム全体から見た位置関係が明確なり、相対的な位置関係に関わらず、ファイルが特定できる。

画像が挿入された、キャドデーターをもらい、ファイルを開いたときに画像デ-タが表示されない場合の原因。

※ bmpファイルが壊れている。

※ 画像データーまでのパスが間違っている、ほとんど原因は画像データーまでのパスが間違っているようです。

画像データーまでのパスを通すには、画像同梱(どうこん)、相対パスのチェック選択を忘れずに・・

画像データーまでのパスを知るには・・、

メニューバーの文字コマンドを選択するか、ツールバーの文字コマンドを選択するか、何れかの方法で文字コントロールバーを起動します。

貼りつけた画像の左下の文字位置を(L)選択すれば、文字コントロールバーに絶対パスが表示されます。。

^@BME:\jww\gazou01.bmp,200,149.805と確認できた場合は、^@BME:でドライブEを指し、\jww\gazou01.bmpでjwwフォルダのgazou01.bmpを指します。

属性変更

基本設定では実線、破線、1点鎖線、2点鎖線などに色を付け加えた線種と、10種類の文字の大きさと線色、フォント設定ができ、、作図環境ごとに15レイヤグループと15のレイヤにわけることができます。

「属性変更」では基本設定で設定された線種、線色、文字属性、レイヤ情報を取得して、書込む図形の作図、編集を容易にします。

線属性メニュー

メニューバー ⇒ 「設定(S)」 ⇒ 「線属性(S)」から線種と線色を組み合わせた属性が設定可能。

「線属性(1)」ツールバー、「線属性(2)」ツールバーと2個のツールバーもあり、作図ウィンドウに表示させておけば便利です。

線属性メニュー

線属性メニュー

書き込まれた線、文字の属性は、「編集(2)」ツールバーの「属変」を選択、(L)は線、(R)で文字を変更します。

線種、線色の変更は、コントローバーに表示されている線属性メニューで変更する線種、線色を選択した後、属変コマンドで変更する線を選択します。

文字種変更では、現在、書込み状態の文字種欄を(L)選択すると、書込み文字種変更ダイアログが表示され、文字種、フォント、太字、斜体文字、角度継続の選択ができます。

基点をチェック選択すると、文字基点設定ダイアログが表示され、左上~右下まで9ヶ所の文字基点の指示ができ、文字の縦、横ずれの指示もできます。

縦字をチェック選択すると、書込みされた文字を縦字に変更することができます。

書き込みレイヤに変更をチェック選択すると選択レイヤグループのレイヤに書込みします。

属変コントロールバー

属変コントロールバー

メニューバー ⇒ 「設定(S)」 ⇒ 「属性取得(Z)」、「設定」ツールバーの「属取」は、作図された図形を(L)選択すると属性を取得、取得したレイヤグループ、レイヤに移動し、線色、線種も選択した図形と同じ属性で作図できます。

作図ウィンドウの(R)で、取得されたレイヤの表示、非表示ができ、表示された図形の属性取得ができます。

範囲選択による属性変更、属性取得

「範囲選択」による属性変更は項目ごとに変更できます。

「編集」 ⇒ 「範囲選択(S)」 ⇒ 属性を変更する図形を範囲指定 ⇒ コントロールバーの「属性変更」

「編集(1)」ツールバー ⇒ 「範囲」 ⇒ 属性を変更する図形を範囲指定 ⇒ コントロールバーの「属性変更」

「範囲選択」の開始位置の(L) ⇒ 終了位置の(L)は線属性、開始位置の(L) ⇒ 終了位置の(R)で線、文字を選択。(Free)

「範囲選択」による属性取得も項目ごとに変更できます。

「編集」 ⇒ 「範囲選択(S)」 ⇒ 属性を変更する図形を範囲指定 ⇒ コントロールバーの「属性取得」

Jw_cad (JWW) は、充実した豊富な機能の無料CAD作図ソフトして、建築・設備機械・土木設計及び工事建設現場で広く利用されている汎用2DCAD、CAD作図に挑戦するはじめてのひとでも手軽に入手、利用できる無料のCAD製図ソフト、一般企業でも広くが利用されている無料のCAD作図ソフト Jw_cad