imgberner
Jw_cad (JWW) ではじめてCAD作図するかたに Jw_cad (JWW)の大変便利な機能、クロックメニューの線・矩形・円・円弧・文字作図の基本操作とクロックメニュー画面を説明、Jw_cad (JWW)のクロックメニューの基本操作を習得することで CAD作図入門の手助けになります。

language choice

CAD作図で十分に発揮できる機能を無料で利用できる2次元汎用CAD Jw_cad、特長ある機能のひとつ、クロックメニューはマウス操作のみでCAD作図が可能な大変便利な機能です。

Jw_cad クロックメニュー コマンド

Jw_cad のクロックメニューは、左右マウスボタンに割当てられた特殊な操作で、Jw_cad の豊富な機能を十分活用できる大変便利な機能です。

操作に慣れるまでは多少時間が必要かもしれませんが、左右ドラッグ操作で、Jw_cad を利用できるようになれば作図時間短縮になり、CAD作図がスピードアップできます。

メニューバー ⇒ 「作図(D)」 ⇒ 「AUTOモード(X)」 、または、作図(1)ツールバー  ⇒ 「AUTO」、クロックメニューの左ドラッグAM9を選択することによってクロックメニューの(1)、(2)が選択できます。

クロックメニュー AM、PM

①がAM表示、②がPM表示。

クロックメニュー AM、PM

クロックメニューの(2)では、よく利用するコマンドを追加できる空領域もあり、特徴ある操作を覚えるとメニューバー、ツールバーからのコマンド操作より、よりCAD作図が柔軟になります。

クロックメニューのコマンドは、作図ウィンドウ上で左ドラッグ、右ドラッグの時間移行でコマンドモードが表示されます。

左AM12コマンド、左PM12コマンド、右AM12コマンド、右PM12コマンドで作図が可能です。

クロックメニューのAM、PMの切り替えは、マウスを左右ドラッグした後、マウスをクロックメニュー内に通過移行するか、左ドラッグ操作中で右クリック、右ドラッグ操作中で左クリック、ドラッグ外の別ボタンをクリックすることでAM→PM、PM→AMに切り替えることができます。

クロックメニュー操作中で、AM、PMコマンドの変わり方は、AMモード ⇒ キャンセル ⇒ PMモード ⇒  キャンセル ⇒ AMモード ⇒

※(L)左クリック・・・確定 または、コマンド実行時は、free(任意点)、左ドラッグ・・マウスの左ボタンを押し続ける。

※(R)右クリック・・・コマンド実行時は、Reed(読取り点)、右ドラッグ・・マウスの右ボタンを押し続ける。

スポンサ-ド リンク

コマンド選択 AUTOモード非選択 クロックメニュー

クロックメニューの各コマンドは、基本設定 ⇒ 一般設定(2)で、AUTOモードから他コマンドに移行した場合、「コマンド選択をAUTOモードクロックメニュー」、「コマンド選択をAUTOモードクロックメニュー」、「AUTOモード以外のコマンドでは全て標準クロックメニューにする。」をチェックを非選択にした場合。

クロックメニュー(1)コマンド群

クロックメニュー 左ドラッグAM、PM、右ドラッグAM、PM 作図コマンド

AUTOモードが非実行状態

クロックメニュー 左AM

左ドラッグAM モード

左AM0から11までの作図コマンド。 ※ 時計の長針はマウス移行方向に向きます。

0:文字1:線2:円弧3:包絡

4:範囲選択5:線種変更6:属性取得7:複写

8:伸縮9:AUTO10:消去11:複線

クロックメニュー 左PM

左ドラッグPM モード

左PM0から11までの作図コマンドです。 ※ 時計の長針はマウス移行方向に向きます。

0:外部1:矩形2:図形3:連続線

4:寸法5:点6:パトラメック7:移動

8:2線9:コ-ナー10:消去11:分割

クロックメニュー  右AM

右ドラッグAM モード

右AM0から11時までの作図コマンドです。 ※ 時計の長針はマウス移行方向に向きます。

0:円周1/4・1/81:建具平面2:線記号変形3:中心点

4:戻る5:進む6:オフセット7:中心線

8:伸縮9:線上点・交点10:消去11:分割

クロックメニュー 右PM

右ドラッグPM モード

右PM0から11までの作図コマンドです。 ※ 時計の長針はマウス移行方向に向きます。

0:数値長1:線鉛直角2:2点角3:X軸角度

4:線角度5:軸角取得6:数値角度7:軸角(-)取得

8:(-)角度9:X軸(-)角度10:2点間長11:線長取得

(-)は、マイナス角度の取得になります。

クロックメニュー(2)コマンド群

クロックメニュー 左AM

左ドラッグAM モード

左AM0から11までの作図コマンド。 ※ 時計の長針はマウス移行方向に向きます。

0:空白 1:空白2:空白3:空白

4:空白5:線種変更6:属性取得7:空白

8:空白9:AUTO10:空白11:空白

クロックメニュー 左PM

左ドラッグPM モード

左PM0から11までの作図コマンドです。 ※ 時計の長針はマウス移行方向に向きます。

0:空白1:空白2:空白3:空白

4:空白5:空白6:空白7:空白

8:空白9:空白10:空白11:空白

クロックメニュー  右AM

右ドラッグAM モード

右AM0から11時までの作図コマンドです。 ※ 時計の長針はマウス移行方向に向きます。

0:円周1/4・1/81:空白2:空白3:中心点

4:戻る5:進む6:オフセット7:線上点

8:空白9:空白10:空白11:空白

クロックメニュー 右PM

右ドラッグPM モード

右PM0から11までの作図コマンドです。 ※ 時計の長針はマウス移行方向に向きます。

0:空白1:空白2:空白3:空白

4:空白5:空白6:空白7:空白

8:空白9:空白10:空白11:空白

※ 各コマンド実行中のクロックメニュー モードの全てを表記している訳ではありません。

参考:標準クロックメニュー

クロックメニューの各コマンドは、基本設定 ⇒ 一般設定(2)で、AUTOモードから他コマンドに移行した場合、「AUTOモード以外のコマンドでは全て標準クロックメニューにする。」をチェック選択した場合。

「AUTO」クロックメニュー(1)コマンド群

クロックメニュー 左ドラッグAM、PM、右ドラッグAM、PM 作図コマンド

AUTOモードが実行状態

クロックメニュー 左AM

左ドラッグAM モード

左AM0から11までの作図コマンド。 ※ 時計の長針はマウス移行方向に向きます。

0:文字1:線2:円・円弧3:包絡

4:範囲選択5:線種変更6:属性取得7:複写

8:伸縮9:AUTO10:消去11:複線

クロックメニュー 左PM

左ドラッグPM モード

左PM0から11までの作図コマンドです。 ※ 時計の長針はマウス移行方向に向きます。

0:外部変形1:矩形2:図形3:連続線

4:寸法5:点6:全属性取得7:ハッチ

8:連続線9:中心線10:2線11:寸法

クロックメニュー  右AM

右ドラッグAM モード

右AM0から11時までの作図コマンドです。 ※ 時計の長針はマウス移行方向に向きます。

0:円周1/4・1/81:建具平面2:線記号変形3:中心点・A点

4:戻る5:進む6:オフセット7:中心線

8:伸縮9:線上点・交点10:消去11:分割

クロックメニュー 右PM

右ドラッグPM モード

右PM0から11までの作図コマンドです。 ※ 時計の長針はマウス移行方向に向きます。

0:数値長1:線鉛直角2:2点角3:X軸角度

4:線角度5:軸角取得6:数値角度7:軸角(-)取得

8:(-)角度9:X軸(-)角度10:2点間長11:線長取得

(-)は、マイナス角度の取得になります。

クロックメニュー(2)コマンド群

クロックメニュー 左AM

左ドラッグAM モード

左AM0から11までの作図コマンド。 ※ 時計の長針はマウス移行方向に向きます。

0:空白 1:空白2:空白3:空白

4:空白5:線種変更む6:属性取得7:空白

8:空白9:AUTO10:空白11:空白

クロックメニュー 左PM

左ドラッグPM モード

左PM0から11までの作図コマンドです。 ※ 時計の長針はマウス移行方向に向きます。

0:空白1:空白2:空白3:空白

4:空白5:空白6:空白7:空白

8:空白9:空白10:空白11:空白

クロックメニュー  右AM

右ドラッグAM モード

右AM0から11時までの作図コマンドです。 ※ 時計の長針はマウス移行方向に向きます。

0:円周1/4・1/81:空白2:空白3:中心点

4:戻る5:進む6:オフセット7:空白

8:空白9:線上点10:空白11:空白

クロックメニュー 右PM

右ドラッグPM モード

右PM0から11までの作図コマンドです。 ※ 時計の長針はマウス移行方向に向きます。

0:空白1:空白2:空白3:空白

4:空白5:空白6:空白7:空白

8:空白9:空白10:空白11:空白

参考:コマンド選択AUTOモード クロックメニュー

クロックメニューの各コマンドは、基本設定 ⇒ 一般設定(2)で、AUTOモードから他コマンドに移行した場合、「コマンド選択をAUTOモードクロックメニュー」をチェック選択した場合。

「AUTO」クロックメニュー(1)コマンド群

クロックメニュー 左ドラッグAM、PM、右ドラッグAM、PM 作図コマンド

AUTOモードが実行状態

クロックメニュー 左AM

左ドラッグAM モード

左AM0から11までの作図コマンド。 ※ 時計の長針はマウス移行方向に向きます。

0:文字1:線2:円・円弧3:包絡

4:範囲選択5:線種変更6:属性取得7:複写

8:伸縮9:AUTO10:消去11:複線

クロックメニュー 左PM

左ドラッグPM モード

左PM0から11までの作図コマンドです。 ※ 時計の長針はマウス移行方向に向きます。

0:外部変形1:矩形2:図形3:連続線

4:寸法5:点6:パトラメック7:移動

8:2線9:コ-ナー10:消去11:分割

クロックメニュー  右AM

右ドラッグAM モード

右AM0から11時までの作図コマンドです。 ※ 時計の長針はマウス移行方向に向きます。

0:円周1/4・1/81:建具平面2:線記号変形3:中心点・A点

4:戻る5:進む6:オフセット7:中心線

8:伸縮9:線上点・交点10:消去11:分割

クロックメニュー 右PM

右ドラッグPM モード

右PM0から11までの作図コマンドです。 ※ 時計の長針はマウス移行方向に向きます。

0:数値長1:線鉛直角2:2点角3:X軸角度

4:線角度5:軸角取得6:数値角度7:軸角(-)取得

8:(-)角度9:X軸(-)角度10:2点間長11:線長取得

(-)は、マイナス角度の取得になります。

クロックメニュー(2)コマンド群

クロックメニュー 左AM

左ドラッグAM モード

左AM0から11までの作図コマンド。 ※ 時計の長針はマウス移行方向に向きます。

0:空白 1:空白2:空白3:空白

4:空白5:線種変更6:属性取得7:空白

8:空白9:AUTO10:空白11:空白

クロックメニュー 左PM

左ドラッグPM モード

左PM0から11までの作図コマンドです。 ※ 時計の長針はマウス移行方向に向きます。

0:空白1:空白2:空白3:空白

4:空白5:空白6:空白7:空白

8:空白9:空白10:空白11:空白

クロックメニュー  右AM

右ドラッグAM モード

右AM0から11時までの作図コマンドです。 ※ 時計の長針はマウス移行方向に向きます。

0:円周1/4・1/81:空白2:空白3:空白

4:空白5:空白6:空白7:空白

8:空白9:空白10:空白11:空白

クロックメニュー 右PM

右ドラッグPM モード

右PM0から11までの作図コマンドです。 ※ 時計の長針はマウス移行方向に向きます。

0:空白1:空白2:空白3:空白

4:空白5:空白6:空白7:空白

8:空白9:空白10:空白11:空白

参考:コマンド選択AUTOモード クロックメニュー

クロックメニューの各コマンドは、基本設定 ⇒ 一般設定(2)で、AUTOモードから他コマンドに移行した場合、「コマンド選択をAUTOモードクロックメニュー」をチェック選択した場合。

「AUTO」クロックメニュー(1)コマンド群

クロックメニュー 左ドラッグAM、PM、右ドラッグAM、PM 作図コマンド

AUTOモードが実行状態

クロックメニュー 左AM

左ドラッグAM モード

左AM0から11までの作図コマンド。 ※ 時計の長針はマウス移行方向に向きます。

0:文字1:線2:円・円弧3:包絡

4:範囲選択5:線種変更6:属性取得7:複写

8:伸縮9:AUTO10:消去11:複線

クロックメニュー 左PM

左ドラッグPM モード

左PM0から11までの作図コマンドです。 ※ 時計の長針はマウス移行方向に向きます。

0:外部変形1:矩形2:図形3:連続線

4:寸法5:点6:パトラメック7:移動

8:2線9:コ-ナー10:消去11:分割

クロックメニュー  右AM

右ドラッグAM モード

右AM0から11時までの作図コマンドです。 ※ 時計の長針はマウス移行方向に向きます。

0:円周1/4・1/81:建具平面2:線記号変形3:中心点・A点

4:戻る5:進む6:オフセット7:中心線

8:伸縮9:線上点・交点10:消去11:分割

クロックメニュー 右PM

右ドラッグPM モード

右PM0から11までの作図コマンドです。 ※ 時計の長針はマウス移行方向に向きます。

0:数値長1:線鉛直角2:2点角3:X軸角度

4:線角度5:軸角取得6:数値角度7:軸角(-)取得

8:(-)角度9:X軸(-)角度10:2点間長11:線長取得

(-)は、マイナス角度の取得になります。

クロックメニュー(2)コマンド群

クロックメニュー 左AM

左ドラッグAM モード

左AM0から11までの作図コマンド。 ※ 時計の長針はマウス移行方向に向きます。

0:空白 1:空白2:空白3:空白

4:空白5:線種変更6:属性取得7:空白

8:空白9:AUTO10:空白11:空白

クロックメニュー 左PM

左ドラッグPM モード

左PM0から11までの作図コマンドです。 ※ 時計の長針はマウス移行方向に向きます。

0:空白1:空白2:空白3:空白

4:空白5:空白6:空白7:空白

8:空白9:空白10:空白11:空白

クロックメニュー  右AM

右ドラッグAM モード

右AM0から11時までの作図コマンドです。 ※ 時計の長針はマウス移行方向に向きます。

0:円周1/4・1/81:空白2:空白3:中心点・A点

4:戻る5:進む6:オフセット7:空白

8:空白9:線上点・交点10:空白11:空白

クロックメニュー 右PM

右ドラッグPM モード

右PM0から11までの作図コマンドです。 ※ 時計の長針はマウス移行方向に向きます。

0:空白1:空白2:空白3:空白

4:空白5:空白6:空白7:空白

8:空白9:空白10:空白11:空白

参考:オリジナルメニュー コマンド群

クロックメニュー 左AM

クロックメニュー(2)コマンド設定に空があるので、よく使用するコマンドを登録、クロックメニュー(2)を併用するようにします。

至って簡単、一般設定(2)で、AUTOモードから他コマンドに移行した場合、「コマンド選択をAUTOモードクロックメニュー」、「AUTOモード以外のコマンドでは全て標準クロックメニューにする。」をチェック選択。

クロックメニュー(2)の空白部に※コマンド番号を追加。(※下記ように、※コマンド番号)を追加。

左AMは作図コマンド、左PM編集コマンド。

使用方法は、作図ウィンドウー上、左ドラッグAM9時で「AUTO」へ移行、コントローバーに表示されている「クロックメニュー(1)」を(L)選択、を「クロックメニュー(2)」に切替えるだけ。

切替えできていない時は、再度、左ドラッグAM9時。、

クロックメニュー(1)(2)が切替わり、実行されるコマンドに「(2)線」のように(2)表示があればクロックメニュー(2)。

クロックメニュー(1)に移行したい時も左ドラッグAM9時。

切替えできていない時は、コントローバーに表示されている「クロックメニュー(1)」を(L)選択。

左ドラッグAM モード

主に作図コマンド。 ※ 時計の長針はマウス移行方向に向きます。

0:曲線(※24) 1:線(※2)2:矩形(※3)3:円弧(※4)

4:多角形(※23)5:線種変更(※設定不可)6:属性取得(※設定不可)7:中心線(※9)

8:接線(※18)9:AUTO(※設定不可)10:消去(※15)11:点(※6)

クロックメニュー 左PM

左ドラッグPM モード

主に編集コマンド。 ※ 時計の長針はマウス移行方向に向きます。

0:2線(※8)1:接円(※19)2:複線(※11)3:コーナー(※12)

4:範囲選択(※33)5:分割(※26)6:ハッチ(※35)7:ソリッド(※43)

8:複写(※16)9:移動(※)10:消去(※15)11:面取(※14)